アクアラインのある暮らし

アクアライン情報、地元周辺の情報、美味しいもの情報など、調べたことや体験したことを書いてます。

旅行あれこれ

一人旅を楽しむコツ。どこへ行く?

投稿日:2017-09-28 更新日:

旅行はお好きでしょうか?

退屈な日常や、仕事疲れや、家事の疲れがたまってくると「どこか旅行にでも行きたいな、温泉に入ってゆっくりしたいな」と、思うことが多いですよね。
温泉旅行=癒し、というイメージがある人も多そうです。
普段の生活から少し離れて、1泊2日でも、非日常の中でゆっくりと温泉に浸かって、美味しいものを食べることが出来たのなら、心も癒されるってもんです。それが、また明日からがんばるエネルギーとなるわけですね。

では、この旅行、どなたと一緒に行きますか?

気の合うお友達と?
それともご夫婦やカップルなど、二人で?
思い切って一人で?
などなど・・・

いろいろな旅行スタイルがあると思います。

今回は一人旅について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

一人旅のススメ

一人で旅行するということも、なかなか乙なものです。
みんなでわいわい盛り上がりながらの大勢で行く旅行も楽しいですが、一人旅は慣れないとなかなか出かけづらいものです。
でも、少し慣れてさえしまえば、誰にも気兼ねせずに自由気ままに旅行できるのが最大の良いところ。
これを知ってしまったら一人旅のよさにはまってしまうかもしれません。
これまで、誰かしらと旅行をされていた方は、是非、一人旅を試してみて欲しいと思います。
自分自身を見つめなおす時間にもなりますし、気兼ねしない分、もしかしたらグループ旅行より癒されるかもしれませんよ。

一人旅の練習

実際に一人で旅行に行くとしたら、いきなり遠出せずに、まずは近場でトライすることをお勧めします。

電車や車で何時間もかけて、遠いところまで行くのも良いですが、それは少々ハードルが高いので(途中で寂しくなってしまったら楽しめないですしね)近場で普段あまりいかない場所を選んで行ってみると良いです。
住んでいる駅から、一駅、二駅先でもOK。

もちろん、宿泊しなくても良いです。日帰りだって立派な旅行です。
お休みが一日しかない場合は、朝から出かけて、現地でお風呂に入ったり食事したりして、夜には帰宅する。
というのも手軽な旅行です。
一人旅に慣れていない場合は、あまり遠くだと身構えてしまって、企画したとしても、なかなか決心もつかないものです。
知っているスポットでも旅だと思って行くと普段は気づかない、新たな発見があるかもしれません。
近場でもホテルに宿泊してみるのも、非日常を味わえて良いですよ。少々もったいない気はしますけどね。

ですが、ここは、「一人旅に慣れておく」ことが大切なので、
一人旅行の予行練習と思えば抵抗感もなくなります。
一人で旅に出る、一人で宿泊することに慣れておくため、まずは、近場で宿泊をしてみることです。
慣れてしまえば、どこでも大丈夫になるでしょう。
近くを楽しめればそのうち、新幹線で出かけたり、飛行機で出かけたりと遠方への旅行も出来るようになると思います。

行きやすい場所を目的地にする

目的地にある観光スポットや温泉の本は見ておくと良いです。
行きたいスポットなどが具体的にわかります。楽しみがさらに増えますよね。

近場でも一人泊に問題がなければ、次は、もう少し遠くまで旅行に出かけてみましょう。
観光スポットは全国にたくさんありますが、交通の不便なところは慣れるまでは止めておいた方がいいです。

・宿泊する旅館が駅から遠く離れている
・車でしか行けないような場所にある
・電車から降りて、さらに路線バスに乗ったり、宿泊先の送迎バスに迎えに来てもらったりが必要

スポンサーリンク

と、手間がかかるところもあります。一人旅に慣れていない場合はこのような不便な場所はやめて、スムーズに到着できるようなところを選んだ方が良いです。
慣れていないと、バスを乗り間違えたり、現地で迷子になったりすることもあります。
そうなれば、楽しいはずの旅行も嫌な思い出になってしまうでしょう。
慣れないうちの一人旅は、追加移動の少ない範囲にしておくのが安全です。
慣れてきたら、範囲を広げて路線バスを利用したり、散策したりすればよいのです。

目的を決めると楽しみが広がる

旅の目的は先にある程度決めておくと良いです。
旅の目的が決まれば、宿泊施設を選んだり、付帯サービスを選んだりする基準も決めやすくなります。

例えば、温泉旅行の場合、「温泉にゆっくり入ってリラックスする」という目的があります。
この場合、観光スポットを沢山まわって遊ぶよりも、宿泊がメインになります。
宿でゆっくりくつろぐことが目的となります。

少し活動範囲を広げると、
・宿の周りの温泉街でいくつもの温泉に入浴する
・古くからある風情が残っている銭湯のような温泉を巡る
なんて楽しみ方もできますね。

もっと大きな目的になると
・日本中の有名な温泉地を制覇する
なんてのも楽しいでしょう。

温泉を巡る中でお気に入りの温泉が見つかれば、そこのリピーターになるのも良いです。
一人の温泉旅行も、より一層、安心して出来るようになると思います。

他にも目的はさまざまあります。自分に合った楽しい目的を見つけると旅行にハマっちゃいます。

「新しい発見」や「出会い」を求める旅

知らない土地に出向き、現地の人と触れ合うことも旅行の醍醐味です。
その土地特有のものに触れることで、新たな発見があるでしょう。
体験スポットのようなものは気軽に参加できて便利です。

その土地の伝統や風土に触れる旅

その土地の商店街やお土産屋さんなど、個人店舗を巡って、工芸品や伝統や風土に出会う旅も素敵です。

ご当地料理を味わう旅

ご当地料理を味わうことを目的にするのも良いでしょう。
日本全国には、いろいろな美味しいものがありますよね。その土地ならではの食べ物があります。
こうした食べ物を目的に旅行をすることもお勧めです。普段は食べないものを探してみたり、新鮮な食材を楽しんだり、一度ご当地料理の感激を知ってしまうと病みつきになちゃうこともありますよ。

歴史の舞台や小説の舞台を訪れる旅

歴史の舞台になった場所とか、小説の舞台になった場所など、ファンにはたまらないスポットを目指すのもあり。
こういう場所は、ファンの人はたまらないものですが、興味のない方にとっては、まったく意味のない場所でもあります。なのでこういう観光は趣味が一緒の人がいない限り、一人旅のほうがよかったりします。

一人旅の注意

良いとこばかりな一人旅ですが、当然気を付けなければならないこともあります。

  • 荷物の管理は自身でしっかりと行う必要がある。
  • 行列並び中にトイレに行きたくなっても変わってくれる人はいません。
  • 女性の一人旅は宿側が嫌がることもあるので事前に確認を
  • タイムスケジュールは自身で管理する

当然なことばかりだとは思いますが、忘れずに。

まとめ

一人旅の醍醐味は、観光スポットや穴場的なスポットなど、自分の好きなように行けることです。
誰かの趣味を気にしたり、人に合わせたりすることなく、自分の好きなように観光できます。
自分の趣味の延長上にあるものや、その由来となる場所など、自分の気になる場所を好きなように気ままに見に行くのが楽しいです。
このように、観光旅行や温泉旅行、目的もいろいろありますし、それだけ楽しみも増えます。
自分に合った一人旅の楽しみを見つけて旅を満喫してみましょう。

スポンサーリンク

-旅行あれこれ

執筆者:

関連記事

no image

小さい子供連れの旅行。どうするのがいいの?

スポンサーリンク 旅行はいつでも行きたくなるもの。 お子さんが小さいとなかなか行きにくいですが、そうは思っていても、どうしても行きたい!というときがあります。 そんなときに注意しておきたいことをまとめ …

no image

子連れ旅行の注意するポイントは?

スポンサーリンク まだ小さいお子さんを連れての旅行には、どうしても不安がつきまとうものです。 でもパパママだって旅行を楽しみたいですよね。 子連れの旅行に際して注意したい点を記載していきます。 スポン …

no image

家族旅行のスケジューリング・荷物は人それぞれ

旅行行く前には行きたい観光スポットや泊まりたい宿をきめたり、いろいろと考えますね。 旅行日が近づいてきたら荷物の準備をはじめますね。 スポンサーリンク 旅行についてあれこれ考えるのも旅行前の醍醐味だっ …

今回の記事が少しでも役に立ったと思われたらこちらのバナーをワンクリックください。120%の感謝で頑張ります!

[icon image="arrow4m-r-b"]


人気ブログランキングへ