意識しておく男の妊活ポイントは!?

妊活(または不妊治療)は妻が行うもの。男は夫婦の営みをしてやればいい。
そんな風に思っていたりしませんか。

不妊の問題は女性側にも男性側にもどちらにもある可能性があります(どちらにも問題がみつからない場合もあります。)
妊活(不妊治療)は精神的にも期間的にもつらいもの。
妻だけ頑張っても男だけ頑張ってもダメなんです。
夫婦二人で協力するからこそ意味があるんだと思います。

でも男はどうしても受け身になりがち。

何をすればいいのかわからないよ・・・

とならないように、男にできる妊活をご紹介します。

スポンサーリンク

不妊治療は不妊の原因を1つづつ潰していくもの

まず不妊治療は何をするためのものなのか考えてみましょう。
最終目的は二人の赤ちゃんを授かることですね。
でも、それが達成できない場合に達成できるように途中の障害を1つ1つ取り除いていく作業

それが不妊治療なのだと思います。

障害はどこにあるのかわかりません。

  • 精子は元気か(精液検査)
  • 卵管に問題がないか(卵管造影検査)
  • 子宮が受精卵の着床しやすい状態になっているか(子宮内膜ポリープ)
  • 免疫機能の異常がないか(抗精子抗体)
  • 卵子の状態はどうなのか(採卵)

など。不妊は「何が原因」かをはっきりさせることは難しく、わからない場合も多いみたいです。
いろいろと検査をしても原因がみつからない場合もありますが、妻側・夫側それぞれに問題がないかを調べて対策を1つづつ取っていくことで不安要素を取り除いていくことが妊活の成功に妊娠に繋がっていきます。

検査はどんなことをするの

どんな検査をするか簡単に紹介します。

精子は元気か(精液検査)

※男性側の検査
精子の総数や濃度、元気な精子の割合などを調べます。
元気な精子が少ないと受精できる確率も低くなります。

卵管に問題がないか(卵管造影検査)

※女性側の検査
卵管は排卵された卵子を子宮に届けるための通り道です。そこが詰まっていたり、ポリープなどがあると受精卵が子宮に到着できず不妊となってしまいます。そこに問題がないかを調べる検査です。
子宮に造影剤を注入するので道が通りやすくなり、検査後しばらくの間は妊娠しやすくなるという噂もあります。

子宮が受精卵の着床しやすい状態になっているか(子宮内膜ポリープ)

※女性側の検査
子宮内膜ポリープとは子宮内膜からキノコのように突き出た腫瘍のことをいいます。
ポリープは大部分が良性のものが多いですが、ポリープがあると子宮内がボコボコした状態になってしまうため、
受精卵の着床を妨げてしまうようです。
ごつごつした地面で寝るより、ふわふわなベッドの方が寝こごちもいいですよね。卵ちゃんも寝こごちを気にするということでしょう。

免疫機能の異常がないか(抗精子抗体)

※女性、男性二人の検査
女性の方が男性の精子を異物と判定してしまうことがあります。(抗精子抗体)
抗精子抗体が分泌されると精子の活動を抑止してしまい妊娠にしくくなります。

卵子の状態はどうなのか(採卵)

※女性側の検査
卵子も健康なものや不健康なものがあり、健康な方が成長しやすい。

夫にできること

検査は全てを一度にやるわけではなく、不妊治療の過程で必要に応じて検査していくというものです。
女性側の検査の方が多いです。
では夫は何ができるのでしょうか。

精液の提出 ※重要

精液は必要になるたびに自分で専用の容器に採取します。
精液検査、人工授精、体外受精、それぞれで実施するたびに必要になります。
人工授精の場合は妊娠しやすいタイミングで精液を採取し、すみやか(採取後2時間以内)に病院に提出しなければなりません。
病院によっては院内で採るための部屋があるとこもありますが無い場合は自宅で採取してから持っていくことになります。

そのタイミングは休みの日も仕事の日も関係なくやってきます。
事前にある程度はわかりますが、仕事の調整が必要になることもあります。
朝遅刻していく、または早上がりする、半休するなど。

それにいざ採るとなると意外と恥ずかしいし、緊張してうまく採れないこともあります。
数日前からなるべく体調を整えておいて前日はお酒もほどほどにした方がいいです。

この精液の提出は男性がしなければならない最重要な役目ですよ。

健康に気を付ける

体調不良な状態では精子にも良い影響はありません。

  • 睡眠はしっかりとる
  • 適度に運動もする
  • お酒を飲みすぎない
  • バランスの良い食事を採る
  • タバコは控える

上記は普段から心がけた方が良いです。
いきなりすべてを改善するのは大変かもしれませんが少しづつでも変えていく努力はした方がいいでしょう。
というのも、妊活中の女性は大変ナイーブになっています。
小さなことでも気にするようになるので男性側で積極的に気をつけてあげると喜ばれます。
特にタバコは妊活中の女性の前では絶対に吸わないほうがいいですよ。

サプリメントを飲む

元気な精子をつくるには栄養面も重要です。
食事でしっかり補充できればいいのですが、それはなかなか難しいもの。
不足しがちなものだけでもサプリで補給してあげると効果的です。

何を飲めば良いかわからないという場合は、
「亜鉛」と「マカ」がオススメです。

亜鉛は男性の精液を作るには絶対に必要なもの
マカは精子の運動量が上がる

と、良い効果があることがわかっています。

※おまけ
花粉症の薬の成分で精子の働きを良くすると言う通説もあるそうです。
私は妊活で通っていた病院では「アレジオン」を処方されました。
実際にこれを飲んでいたときは精子の活動率もあがってました。
アレルギーをお持ちの方は担当医に相談してみるといいかもしれませんよ。
アレルギー対策と妊活で一石二鳥になるかもしれません。

毎月のタイミング合わせに文句を言わない

女性には毎月最も妊娠しやすいタイミングがあります。そこで精液の提出や夫婦の営みが必要になります。
排卵のタイミング(生理から12日前後)が最も妊娠しやすいのですが、その日は平日、土日関係なくやってきます。
そこで「仕事が忙しい」とか「調子が悪い」とか文句を言ってしまうと相手も辛くなってしまいます。

進んで協力してあげる姿勢を見せてあげましょう。
自信の体調管理もして万全な状態で挑めるように頑張ってあげてください。

通院は一緒に

行ける時は一緒に行きましょう。状況を知っておくことも重要。妻も不安なんです。
二人で協力して頑張ってる気にもなれます。気持ちは大事です。

うまくいかない時

不妊治療は終わりが見えないもの。うまくいかなくても相手を責めてはいけません。
うまくいかない時ほど「次こそ!」と固執しやすくなりますので、「ちょっと休憩しよう」とか「息抜きにドライブ行こう」とか
心にゆとりが持てるように振舞ってあげると女性も安心します。

長期戦のつもりで焦らず二人で頑張っていく意識をもって、優しく接してあげると良いと思います。

共働きを辞めることも考えに入れておく

不妊治療も本格的になってくると病院へ通う日が増えてきます。
人工授精の場合、月3~4回
体外受精の場合、実施日の2週間前ぐらいから2、3日ごと

治療の段階にもよりますが通院回数は増えてきます。
たまにであれば遅刻したり休みを取るなどで仕事の調整をすればいいですが、2、3日ごとになってくるとそうも言ってられなくなります。
病院側もその辺は考慮してくれますが、仕事等のストレスも不妊の原因になる可能性があり、治療に専念するには仕事をしながらだと難しくなる場合があります。

なので、「(妻が)仕事を辞める」も選択肢に入れておく必要があります。

収入の減少は日々の生活にも影響しますので夫婦でよく話あって決めてください。
男としては自分の贅沢を辞めて(控えて)、妻を支えられる度量を見せたいところですね。

終わりに

以上、いかがだったでしょうか。

男性は妻の精神的な支えになってあげることが大事です。
不妊治療はいつ終わるかわからないし、毎月厳しい現実と向き合わなければならない日がやってきます。
「今月もダメだった・・・」
「またダメだった・・・」
と、厳しい結果が出たときは本当に凹みますし、男性よりも女性の方が自身の体で感じる分、精神的なダメージも大きいです。
これを支えてあげるのは夫にしかできません。

すなわち男の妊活とは

妻の支えになってあげる努力をすること!

が重要なのだと思います。
ベイビーを迎えられるように夫婦で取り込んでハッピーな生活を手に入れてくださいね。

※本記事は私が不妊治療で体験したことを元に感じたことを書かせていただいております。病院によって検査する内容もやり方も違うこともあるので参考としてお読みください。

この記事も読まれてます

妻が妊娠!夫は不安でいっぱい。解消するには!?


2017-04-02 意識しておく男の妊活ポイントは!? はコメントを受け付けていません。 男性の妊活