【2017年】アクアラインGWの渋滞予測!

房総半島めぐり!あまーいイチゴ食べ放題!

話題のスポット!房総の秘境!

海鮮浜焼き食べ放題!

など…

春の房総への誘惑はどれも魅力的なものばかりです。
都会を離れて美味しいものもいっぱい食べたいですね。

そんな房総へのお出かけの際に確認を忘れてはいけないのは渋滞情報。

2017年のゴールデンウィークは祝日と曜日が合致していてステキな大型連休になりそうですよ。
日々アクアラインを利用する経験からゴールデンウィークのアクアラインの道路渋滞を予測しました。

ゴールデンウィークの日程は?

2017年のゴールデンウィークの日程は、

4月29日(土) 昭和の日
4月30日(日)
5月1日(月)
5月2日(火)
5月3日(水) 憲法記念日
5月4日(木) みどりの日
5月5日(金) こどもの日
5月6日(土)
5月7日(日)

となっています。
4月29日(昭和の日)と土曜日が重なってしまってはいますが、3~5日が水木金と平日に割り当たっているので土日を含めると5連休は確定です。
そして5月1日と5月2日に仕事を休める方は、9連休になります。

アクアライン下り線の渋滞危険度は?

アクアライン下り線(東京⇒千葉)での日ごとの渋滞危険度予想をまとめました。
下り線の渋滞はこのようになりそうです。

4月29日(土) 中
4月30日(日) 中
5月1日(月) 
5月2日(火) 
5月3日(水) 
5月4日(木) 
5月5日(金) 
5月6日(土) 中
5月7日(日) 中

※危険度ごとのちがい
低:ゆっくりペースで進める
中:ノロノロペースで進める
高:非常にゆっくりなペース

4月29~30日は連休始めではありますが、ただの週末という方もまだいるので渋滞危険度は中程度でしょう。
5月1日~2日は平日なので渋滞危険度は低いです。
5月3日~5日は連休本番。レジャーに向かう人も非常に多いので渋滞危険度はかなり「高」でしょう。
渋滞情報は念入りに確認した方がいいです。

アクアライン上り線の渋滞危険度は?

アクアライン下り線(千葉⇒東京)での日ごとの渋滞危険度予想をまとめました。
上り線ではこのようになりそうです。

4月29日(土) 中
4月30日(日) 高
5月1日(月) 
5月2日(火) 
5月3日(水) 
5月4日(木) 
5月5日(金) 
5月6日(土) 
5月7日(日) 高

※危険度ごとのちがい
低:ゆっくりペースで進める
中:ノロノロペースで進める
高:非常にゆっくりなペース(進まないこともある!)

4月29~30日は連休始めではありますが、ただの週末という方もまだいるので渋滞危険度は中程度でしょう。
5月1日~2日は平日なので渋滞危険度は低いです。
5月3日、7日は本連始めと終わりなので4~6日に比べると少し落ち着ていると思われます。
5月4日~6日は連休本番。レジャー帰りが集中するので大変な渋滞になる可能性があります。
4日~6日の渋滞はひどくなると周囲の一般道まで車が溢れる可能性があります。
こうなるとアクアラインに乗りたくても乗れない車で周辺道路も大渋滞し危険です。

渋滞は下り線よりも上り線の方がひどくなることが多いので、渋滞情報は特に念入りに確認した方がいいです。

※2017/4/23追記
4月23日(日)の上り線渋滞状況です。

16時頃:渋滞11km。渋滞は海ほたる付近から袖ヶ浦ICと木更津JCTの中間ぐらいまで伸びていました
20時頃:渋滞8km35分
21時頃:渋滞5km15分

通常の週末ならば20時には渋滞が治まっていますが、そうなってはいませんでした。
GW前でこの状態なので、GW本番はもっと渋滞が酷くなりそうです。ご注意ください

※2017/4/30追記
4月30日(日)の上り線渋滞状況です。

17時頃:渋滞12km35分。周辺道路は大混雑で進まない状態

渋滞が発生するポイントは?

渋滞が発生するメカニズム

海ほたるPA付近は坂になっているため、速度を保つのが難しくなっています。
上り坂では速度が落ちると後続車も影響を受けて減速します。それが徐々に後続車へ伝わっていくことによって渋滞へとつながっていきます。
下り坂の場合は速度上昇⇒ブレーキを踏む⇒後続車も減速によって渋滞につながる可能性があります。

さらに、海ほたるPAは混雑してくると、パーキングエリア内に入りきれない車が入場待ち行列をつくるようになります。
それがひどくなってくるとパーキングエリアの外にも車の列がはみ出てきて、それを避けるのに通過する車が減速、車線変更する。
その繰り返しによってさらに渋滞がひどくなっていきます。

渋滞が発生する時間帯

アクアラインは渋滞しやすい時間がある程度決まっています。

下り線(東京⇒千葉)の場合は、9時~12時頃に発生しやすいです。
上り線(千葉⇒東京)の場合は、15時~19時頃が非常に渋滞が発生しやすい時間帯です。

下り線は行き道になるのでまっすぐ目的地に行きたい人が多いので海ほたるPAに立ち寄る人は少な目。
上り線はレジャー後の帰りで疲れていると思いますので休憩やお土産購入に立ち寄りたい人が多い。

そのためか下り線の渋滞よりも上り線の渋滞の方がひどくなりやすいようです。

渋滞を回避するには?

渋滞を回避する一番の方法は

時間をずらすこと

です。

特にアクアラインの場合は渋滞する時間帯がほぼほぼ決まっていますので効果的です。
中途半端な時間帯に帰るのが一番渋滞に捕まる原因になります。
せっかくの房総ドライブなので思い切って渋滞が軽減するのを待ってから帰ったほうがたくさん楽しめるかもしれません。

三井アウトレットパーク木更津内にはアクアラインの渋滞情報が掲示されているので簡単にチェックできますよ。

渋滞情報を確認するには?
東京湾アクアラインの渋滞情報を事前に調べるには!!

まとめ

渋滞がひどくなる時に帰らなければいけないことはあると思います。
その場合は右車線を走行すると少しだけ早く進むと思います。
左車線は海ほたるPAに立ち寄りたい車が列を作るのでそれに捕まって進めなくなることもあります。

とにもかくにもゴールデンウィークは渋滞情報は念入りにチェックした方がいいです。
楽しいレジャーにしてくださいね。

この記事も読まれてます

東京湾アクアラインの渋滞情報を事前に調べるには!!
【2017年】アクアラインGWの渋滞予測!

スポンサーリンク