アクアラインはETCがオトク!高速料金を節約するには!?

アクアラインが開通したことで房総ドライブが大変身近になり、気軽に房総半島ドライブやお買い物ができるようになりました。

でもアクアラインの通行料金は無割引だと少々お高め。
往復利用すると結構な額を支払うことになります。
交通費はなるべく安く済ませて、その分レジャー費に充てたいですよね。

少しでもアクアラインをオトクに利用するにはETCが絶対に必要です!

アクアラインってどこの区間のこと?

まずアクアラインがどこのことなのかを見てみましょう。

東京湾アクアラインは神奈川県の浮島ICと千葉県の木更津金田ICの間のことを指します。
全長は約15kmで川崎側の約10kmが海底トンネル、千葉県側の約5kmが海上道路となっています。
海底トンネルと海上道路をつなぐ位置に海ほたるPAがあります。

この浮島ICと木更津金田ICの間を結ぶ道路がETC利用でオトクになるんです。

アクアラインの通常料金

次にアクアライン(浮島IC~木更津金田IC)の通常料金を見てみましょう。

■片道料金
軽自動車:2,470円
普通車 :3,090円
中型車 :3,700円
大型車 :5,090円
特大車 :8,490円

この料金はETCを搭載していない自動車の場合に適用される料金となります。
普通車で片道3,090円かかります。往復すると6,180円もかかってしまいます。
6,000円もあれば家族で良いランチが食べられますね。

ETC割引適用時のアクアラインの通行料金

次にETCを利用したときの割引料金です。

■片道料金
軽自動車:2,470円 →640円
普通車 :3,090円 →800円
中型車 :3,700円 →960円
大型車 :5,090円 →1,320円
特大車 :8,490円 →2,200円

ETC割引を適用するだけでおよそ75%OFFの料金になります。
「アクアライン800円」とよく聞くのはETC割引料金を適用した普通車の料金のことをなんですね。

普通車で片道800円。往復しても1600円なので、
通常料金と比べるとETC利用するだけで4580円もおトクになります。

休日割引や深夜割引を入れればもっと安くなるんじゃないの?
と思いそうですが、このETC割引は他の割引とは重複して適用されないので注意してください。

なんでこんなに安くなるの?

千葉県はアクアラインの社会実験を行っていて、通行料に補助金を充てることで75%OFFの通行料金になっているのです。
このお得な料金設定は社会実験によってもたらされた結果ですので、この先もずっと継続するという保証はありません。

実はこの社会実験は平成26年の3月末で一度終了する予定でした。
ですが、多くの方の熱望によって4月以降も継続が決定しました。
終了予定は定まっていないのですが、当面(おそらく10年)は継続するようなので安心してください。

まとめ

ETC車載機なんて車に載せてないよ!という方もいらっしゃると思いますが、
ETC車載機は安いものであれば5,000円程度で購入できますのでETC搭載を検討してみるのも良いと思います。
アクアラインを2、3回利用すれば元が取れてしまう金額ですね。

少しでもアクアラインの通行料を抑えて、その分レジャーを楽しみたいですね。

この記事も読まれてます

【実測】アクアラインの通行止め頻度は?本当に多いの?
アクアラインマラソン2017の開催は? ※予想
アクアラインを自転車で走る方法ってあるの?

スポンサーリンク