4粒入った枝豆ってあるの?枝豆をより美味しく食べるコツ?

1015

枝豆の旬は5月~10月です。
品種によって多少違いますが、枝豆のサヤがふっくらとしていて、
ほどよく濃い緑色のときが食べ頃といわれます。

枝豆の収穫時期は品種により若干違ってくるようですが、
目安としては花が咲いてから40、50日が収穫のタイミングと言われています。
天候によっても影響されるので多少変わるんですよ。

そして大事なのが収穫のタイミングです。
なぜかというと、収穫が遅れると枝豆ではなく、大豆になっちゃうんですよ。
枝豆と大豆は元は同じもので、枝豆は未熟な状態で、成熟したものが大豆です。

だから、枝豆農家の方は最適な収穫時期を注意深く見定めて
枝豆を収穫しているんですね。

4粒入った枝豆

枝豆の袋に入っている豆は通常2~3粒です。
4粒入りって見たことないです。
でも1~3粒できるのなら4粒があってもおかしくないはず・・・

4粒ってないのでしょうか?

調べてみたところ、
4粒になることもごくたまにあるそうです。
ただ、4粒のものは失敗作とみなされて出荷前に排除されてしまうそうです。
2~3粒が出荷するときには優秀なんだとか。

私も毎年枝豆の収穫を行っていますが、
いまだに4粒の枝豆は見たことがありません。
もともと発生する確率が低いのでしょう。
もし4粒入りの枝豆を見つけたらすごいラッキーですよ。

枝豆を美味しく食べるポイント

どうせ食べるならおいしくいただきたいですよね。
枝豆をよりおいしく食べる方法があるんです。
茹でる前に一手間加えることで美味しさもレベルアップしますよ。

その方法とは、

「枝豆の両端をハサミで少し切り落とす」

言葉にすると簡単そうですがこの一手間には根気が必要です。
枝豆のサヤ1つ1つに対してやるので時間が結構かかります。
でもこの一手間を加えると塩の浸透がよくなり、美味しくなるんです。
採りたてのぷりっぷりの枝豆でこの一手間を加えた枝豆を食べたら
もうやみつきになっちゃうかも!

茹で加減には好みがあると思いますが、4分を基準に
・固めが好みの方はゆで時間を短く
・柔らかめが好きな方はゆで時間を長く
してみるといいですよ。

おわりに

採りたての枝豆は1粒食べるともう止まらない止まらない。
プリッとした歯ごたえとほんのりとした塩味がたまりません。

お酒のつまみに、おかずに、おやつに、
何にでもなれるのが枝豆です。

スポンサーリンク


2016-10-15 4粒入った枝豆ってあるの?枝豆をより美味しく食べるコツ? はコメントを受け付けていません。 日常のこと