あなたは年賀状(はがき)出す派?出さない派?

0928-2

年賀はがきの予約が始まると年末が近づいてきたなと実感します。
年末の一大行事である年賀状作成。
年賀状離れが進んでいるとよく耳にしますが、
実際のところどうなんでしょうか?

調べてみました。

年賀状を出す予定の人は5割ほど

リサーチバンクの調査によると2016年の年賀状(はがき)を出す予定がある人は
55%ほどだったという結果がでています。

◆過去5年の年賀状(はがき)出す予定の人の割合
2016年…55%
2015年…56%
2014年…61%
2013年…64%
2012年…65%
2011年…74%

年々、年賀状(はがき)を出す人の割合が下がっていますね。
やはり徐々に年賀状(はがき)離れが進んでいるのがわかる結果になっていました。

◆2016年の年賀状(はがき)を出す予定があるか?
0928_1
※出典:リサーチバンク

基本的に若い世代ほど年賀状を出す割合が低く、
年代が上がるほど年賀状を出す割合が高くなっています。
スマートフォンの普及によりアプリから簡単に年賀状を作成できたり、
メールやLINEやFacebookなどで簡単にメッセージのやりとりができるようになったので、
わざわざハガキで年賀状を出す人が減っているのもあると思いますが、
最近は個人情報だからと住所を他の人に教えなくなりましたよね。
年賀状出そうにも住所を知らないから出せない、
というケースも若い世代に増えているんじゃないでしょうか。

年賀状を出す理由

年賀状(はがき)を出す理由を調べてみました。
いろいろありましたが、多かった理由は以下になります。

・普段合わない人とも気軽に連絡が取れる
・もらったから出さないと悪い
・気持ちのこもった挨拶ができる・誠意を伝えられる
・ビジネスマナーとして自分のアピールになる
・コミュニケーションのきっかけになる
・正月らしい
・もらうとうれしい
・LINEやメール
・特に理由はない

コミュニケーションの一環として相手のことを気遣っているからこその
ハガキ投函なんだなと感じられる答えが多かったです。
それと面白いなと思ったのは「特に理由はない」です。
理由もなく年賀状を出している人が意外と多くいるんですね。

年賀状を出さない理由

逆に出さない人にもそれなりに理由があるはずです。
多かった理由は

・出す習慣がない
・メールで十分
・出す理由がわからない
・お金がもったいない
・特に理由はない

でした。
もっとポジティブな理由があるかと思いましたが、
めんどくさい、興味が無い、のようなネガティブな理由ばかりでした。

「年賀状を出す予定の人は5割ほど」のトピックの表にも表れていますが、
若い世代になるほど年賀状を出す人の割合が低くなっています。
年賀状という文化が若い世代ほど薄れているということなんでしょうね。

おわりに

LINEやメールの普及で簡単に年賀状の代用ができちゃうことから、
年賀状は手間もかかり、軽視されがちになってきています。
しかし、年賀状を送っておいて悪いことはないと思いますし、
コミュニケーション面では良いことばかりだと思います。
年賀状を出すのをやめてしまった方も、
1枚でもいいので年賀状を作ってみてはいかがでしょうか?

新しいつながりを見つけることができるかもしれませんよ。

「年賀状、出して悪いことはない!」

スポンサーリンク


2016-09-29 あなたは年賀状(はがき)出す派?出さない派? はコメントを受け付けていません。 日常のこと