ランニングで乳首が痛い!ランニング時の対策を考えよう。

0923-2

男性のランニング中に発生する痛い症状があるんです。
長距離ランニングの後などにその痛みに気づく方も多いと思います。
それは、「乳首擦れ」です。

私もランニングし終わった後に、ヒリヒリとした痛みを感じました。
1、2日で直りますが、風呂に入る時はシミて痛いです。

ハーフマラソンなど長距離を走っていると
シャツと乳首が擦れるので、摩擦によって徐々に痛みが発生してきます。
ひどい場合は走っている最中に出血してしまいます。
シャツが赤く染まってしまう場合もあります。
周りの人もびっくりしますし、ちょっと怖いですよね。

ランニングには乳首擦れ対策が必要なんですよ~

乳首擦れを防ぐ対策には、

などがありますが、
どれも結構お値段がかかりますし、
ちょっと買うの恥ずかしいですよね。

ですが、もっと身近なもので代用できるんです。

簡単に購入できて!

しかも安い!

そんなものが。

それは、

絆創膏

です。

コンビニ、100均、ドラッグストアなど、
どこでも簡単に購入できちゃいます。

商品にもよりますが、100枚入りでも1000円程度だったりもするので、
コストパフォーマンスは抜群に良いです。

毛深い人は絆創膏をはがすときに毛が少々ひっかかって痛いですが
そこが気にならないなら試してみてください。

絆創膏を使ってみて、もっといいものが使いたいと思ったなら
ニップルシール、保護クリーム、コンプレッションウェアなどを
試してみるのが良いと思いますよ。

スポンサーリンク


2016-09-24 ランニングで乳首が痛い!ランニング時の対策を考えよう。 はコメントを受け付けていません。 ランニング