【2016年】アクアラインお盆の渋滞予測!

0807

お盆はせっかくのまとまったお休みなので、
帰省や旅行など出かけたくなりますね。

そうなると心配になるのが帰省ラッシュによる道路渋滞。
日々アクアラインを利用する私の経験から
お盆のアクアラインの道路渋滞を予測しました。

まずは2016年のお盆日程を知る

地域によっては違う日もあるそうですが、
お盆は一般的に8月13日~16日の4日間のことを指します。
そして、今年(2016年から)8月11日が山の日として祝日に設定されましたね。

それによって、

8月11日(木)
8月12日(金)
8月13日(土)
8月14日(日)
8月15日(月)
8月16日(火)

12日を休めれば、6連休も可能な日程になっています。
ですが、日曜日がお盆中日(14日)に来てしまっています。
そのため、仕事を休める方と休めない方でUターンするタイミングに
差がでてくる(ばらける)ことが予想されます。

帰省ラッシュのピークは?

帰省ラッシュは8月11日(木)お昼前をピークに
アクアライン下り線で発生すると予想されます。
山の日(11日)が祝日になったので、この日からお盆休みに入る人は多いはずです。

下り線の渋滞はたいてい海ほたるPA付近から発生します。

下り線の渋滞が発生するメカニズム

海ほたるPA付近は長い上り坂になっているため、
自然と速度が落ちてしまいます。
上り坂で速度が落ちると後続車も影響を受けて減速します。
それが後続車へ伝わっていくにつれて徐々に渋滞の種へと成長していくんです。

さらに、海ほたるPAが混雑してくると、
入れない車がパーキングエリアの外に入場行列を作るようになります、
その列が伸びてくると海ほたるPA外にも車の列がはみでてきます。
それを避けるのに通過する車が減速する。
その繰り返しが自然渋滞発生につながっていくことになります。

少し早い時間か遅い時間に通ればさほど渋滞には巻き込まれないでしょう。
海ほたるPAは混んでそうなら通過して、
アクアラインを抜けてから休憩する方が時間ロスは少なくなります。

Uターンラッシュのピークは?

Uターンラッシュのピークは14日(日)の夕方ごろに上り線で予想されます。
ですが、今年はお盆終了日がばらけていますので、
Uターンラッシュは13~16日の夕方ごろに断続的に発生することが予測されます。

上り線の渋滞が発生するメカニズム

上り線は渋滞発生ポイントが2か所あります。
1か所目は海ほたるPA付近です。
海ほたるPAが混雑してくると入場待ちの車がPA外にもはみ出てきます。
路肩に車が並ぶようになるとキケンです。渋滞します。

2か所目は木更津金田IC付近です。
ここで一般道から大量の車が合流してきます。
それによって詰まります(渋滞します)

回避策としてはお昼ごろまで、または夜(20時以降)にアクアラインを通過するのが良いと思います。
上り線の渋滞ピーク時(おそらく14日)は周囲の一般道まで影響を及ぼします。
アクアラインに乗りたくても乗れない車が周辺道路で待ち行列をつくり大渋滞します。
全く進まなくなりますので一般道で近づく場合も注意が必要です。

高速バスにも影響がでる

Uターンラッシュのピークにはアクアラインの高速バスにも影響がでてきます。
バスが来ない、ということが起こりえます。
高速バスは往復運航していますので、
行ったバスが渋滞で帰ってこれないと次のバスが出せない、
という状況が起こりえます。
バスを使う場合も時間には注意しておいた方がいいです。

おわりに

アクアラインの渋滞はピーク時間さえずらせば
多少時間がかかっても通過することができます。

渋滞を「知っておく」だけで心にゆとりが生まれます。
知らないで渋滞に巻き込まれるとイライラしちゃいますよね。

渋滞情報を知って楽しいお出かけを!

この記事も読まれてます

東京湾アクアライン料金800円には条件がある!!
東京湾アクアラインの渋滞情報を事前に調べるには!!
東京湾アクアラインの渋滞予測!回避するには!

スポンサーリンク