木更津東IC最寄りの道の駅「うまくたの里」に行ってきた

木更津市の道の駅「うまくたの里」に行ってきました。




スポンサーリンク


うまくたの里

6月17日(日)の12時ごろ到着。
入り口にはのぼりが乱立していて目立ちます。
駐車場はすでにいっぱいでしたが、2~3分待ったら入れました。

ポイント1:巨大ピーナッツ

入り口に巨大なピーナッツがありました。高さ3mはありそうです。
そして足元には妙なハッシュタグがあります。
巨大ピーナッツを出汁にして話題作りを考えているのかもしれません。
なんだか「おナッツ!」と叫びたくなるタグ名でした。

ここは入り口で目立つので周囲の人の目を惹いていました。

売店でもピーナッツをいろいろ売っていてお土産選びに立ち寄るのもよさそうでした。

ポイント2:トイレがきれい

何と言ってもトイレがきれい!
さすがにトイレなので撮影は控えました。

連れにも感想を聞きましたが、「すっごい綺麗だった!」と興奮気味に言われました。
他の女性からも「ふわ~ってするきれいなトイレだね~」と称賛している声も聞こえました。

綺麗なトイレは使っていて気持ちいいですし、近くに来た時に「あそこトイレ綺麗だったからちょっと寄ろう」なんてこともあるかもしれません。
どうせ利用するならきれいなトイレを使いたくなるってもんです。

ポイント3:ラインナップ豊富なお土産

店内はなんとも華やか。
お土産用品が充実。野菜直売にお菓子にスイーツにと盛りだくさん。
そして目を引いたのは野菜。壁掛けされて売られていました。
野菜って平台に置かれているものだと思っていましたが、壁に掛けられるとなんということでしょう!?
なんともおしゃれな空間に感じられます。

他にも味噌・醤油のラインナップが豊富でした。
スーパーでは見かけないようなレアな味噌や醤油なんてものがいろいろとあって見ているだけで楽しくなりました。
醤油・味噌が壁一面に並んでいる姿は壮観です。

試食も充実していて味を確かめることができるのはかなりうれしい。

ポイント4:のうえんカフェレストラン

地元で大人気の「のうえんカフェ」と「せんねんの木」がコラボしたレストランが併設されていました。

・のうえんカフェは地元の新鮮な野菜を使った料理を提供してくれる、お店は朝から行列ができる人気のカフェです。
カフェですがランチメニューはボリューム満点。

・せんねんの木はとろなまバウムが有名。ムースとバウムクーヘンの相性にメロメロになれます。

この二つがコラボした店舗なので料理のクオリティにはかなり期待できます。
混んでいたので立ち寄りはしませんでしたが、また機会を見つけて味わってみたいところ。
店内いつも混雑しているので空いているときは逃さないようにしたい。

一言

千葉県は道の駅がたくさんあるので道の駅巡りなんてのも楽しいですよ。
それでは~

スポンサーリンク