台風対策!車への注意忘れていませんか?

雨

8月から9月は1年で台風が最も多くなる時期です。

台風による被害も毎年聞きます。

自然災害である台風を避けることはできないからこそ、

十分な対策が必要です。

家族のお迎えや荒れた天候の中での移動とかに車は大変便利です。

便利だからこそ大事にしたいですね。

そんな大事なマイカー。

台風への対策を忘れていませんか?

強風によって車が飛ぶこともありえるんですよ。

最も有効な車の保管場所手段は?

台風の時に起こりえるのは

  • 洪水で水没する
  • 風で飛ばされる
  • 風で飛来してきたものがぶつかって被害を受ける

です。

これらを回避する最も有効な対策としては

屋内の駐車場や貸しガレージに車を一時的に避難させておくこと

です。

ただし、地下の駐車場は台風の時は水没する可能性もありますので

避けた方がいいでしょう。

屋内駐車場もガレージも無い方も多いかと思います。

そんな時は近くの立体駐車場に一時的に避難させましょう。

立体駐車場は有料(数千円)ですが、

窓ガラスが割れた場合の修繕費(数万円)かかります。

その差を駐車場代は安心のための保険料程度ですね。

屋外に車を補完するときの対策は?

内駐車場もガレージも立体駐車場も無いよ!

屋外に駐車しておくしかないよ!

そんな状況でもできる対策はありますよ。

★車カバーをする
車の避難ができないようであれば、せめて車カバーだけでもしましょう。
台風の時は細かい飛来物によって傷もつくこともあるし、窓ガラスが割れる場合もあります。
車カバーをすることである程度防げますし、
窓ガラス部分に毛布などをかけて保護しておけば
ある程度のものがぶつかっても守ってくれます。
★車内の荷物をできるだけ片付けておく
窓ガラスが割れて飛び散ると中はぐちゃぐちゃになってしまいます。
”もしも”に備えて少しでも被害が減らせるように車内は整理しておいた方がいいです。

 

おわりに

生活に欠かせない車。

自分の車は自分で守らないといけません。

車両保険に入っていれば自然災害によって損傷した場合も保険金が支払われますが、

十分な額が支払われるかは、被害にもよるのでわかりません。

修理の間は車も使えませんし、不便な生活になってしまいます。

やっぱり被害無くやり過ごせるのが一番ですね。

ちょっと対策するだけでも何もしないより圧倒的に効果ありますよ。

スポンサーリンク


2016-06-30 台風対策!車への注意忘れていませんか? はコメントを受け付けていません。 日常のこと