はじめての妊活。産婦人科に行く前に旦那さんが知っておくべきこと

子供が欲しい!

と思っているけどなかなかできない。
おかしいな~と思い始めたら妊活のスタート。
まずはご夫婦で相談に行きましょう、産婦人科へ。

でも産婦人科は男性にとって未知の領域です。
本来女性が行くところなので男性側としてはどうすれば良いかわからないところ。
男性視点での妊活を始める前に知っておいたほうが良いことをまとめました。

産婦人科はどんなところなのか

産婦人科は女性中心の空間です。
産婦人科に来る方は

  • 女性特有の悩みを持っている方
  • 不妊治療中の方
  • 妊娠中の方

が多いです。
女性側にしてもあまり男性に知られたくないことが多いんだろうと思います。
中にはそういうオーラ全開の人も中にはいるので気を付けてください。
病院によっては待合室への男性の入室を遠慮してもらうところもありました。
その場合は廊下で待ってました。もちろんイスはありました。

また産婦人科は混んでます。予約制のところも多いですが予約制でも混んでることがあります。

以前通っていた病院では予約しているのに3時間待ちというところもありました。
毎回終わる頃にはもうぐったりでした。

でもイライラしないこと! ←これ重要

産婦人科への通院は一緒に行くべきか?

無理に行く必要はないけれども、行ける時は一緒に行くべき

だと思います。
担当医と今後の話を相談する場合もありますし、検査や注射だけという場合もあります。

旦那さんにしてみれば産婦人科へ行くのに抵抗があるかもしれませんが、一緒に行くことで奥様も安心します。
一緒に頑張ってる!ということを行動で示ことも大事です。

ただ産婦人科では、静かに大人しくを心がけていた方が良いと思います。

女性の患者さんが多いので男性は目立ちます。
付き添いで来ている男性の方もチラホラ見かけましたが皆さん静かです。しゃべる時も小声です。
産婦人科内では基本的には男性は女性の一歩後をついていくぐらい気持ちでいた方がトラブルが起きないと思います。

あと小さい子を連れてきている人もいます。
少々騒がしい子もなかにはいるので注意してください。

それでもイライラしないこと! ←これ重要!!

どこの産婦人科に行ったらいい?

気にするポイントとしては、いくつかありますが、ご夫婦が何を一番重要視するかで選ぶと良いと思います。

家から近いところ

「通いやすい」は何にも代えがたい利点です。

信頼できる先生

信頼できそうか。治療は1回1回高額です。信頼できない先生には頼めないですね。
「私たちの事ちゃんと考えてくれているんだな~」と思える先生かどうかってところです。

病院の設備

きれいな方が良いですね。

待ち時間に対する配慮があるか

多少混んでいるのは仕方ないですが、予約しているのに1時間以上待たせるようなところは考えた方が良いかもしれません。

周囲の評判が良い産婦人科

周囲の生の声は重要です。でも自分達にあっているかどうかも重要なので忘れずに。

ポイントは「家から近い」と「信頼できる先生」だと思います。
不妊治療はタイミングが重要なので、平日土日関係なく「○日の○時に来て」と言われる時がよくあります。
家から遠いとそれだけで移動に時間がかかり負担が大きくなるからです。
先生が信頼できそうかどうかは実際に合って話をしてみないとわからないので通院は一緒に行っておいて損はないですよ。

病院を変えることは悪いことじゃない

不妊治療で成果がでないと気分も落ち込んできます。旦那さんより奥さんの方が辛いです。
毎月、体の方に月のものとして直接結果を突き付けられるので。

何度トライしても結果が出ない時は思い切って病院を変えるのも手です。
奥さんを気遣うのも超重要ですが、旦那さんはうつうつとしてきたときに少し客観的になって新しいアイデアを提案してあげることも大事だと思います。
それによって気分転換にもなり、うまくいくこともある、と先生から聞いたことがあります。
病院を変えることは悪いことじゃないので悩んでいるときは素直に先生に相談しちゃいましょう。

妊活も休息をしよう

不妊治療で成果がでないと気分も落ち込んできます。
旦那さんより奥さんの方が辛いので、旦那さんの態度や行動が大事ですよ。

・奥さんをリラックスさせてあげる
・奥さんを責めない
・妊活への取り組みを否定しない

を心がけてモヤモヤしてきたときは思い切って「少し休もう」と提案してあげるのも大事です。
ペットを飼い始めると子作りをあきらめたことになる、とよく聞きますが
ペットを飼い始めたらリラックスできて、その後うまくいった!と言うのが実際に私の周りでも2組いました。

うつうつとした気分じゃうまくいかないってことなんだろうってことかもしれません。
妊活がなるべく苦にならないようにしてあげてください。

イライラしちゃだめですよ。

あいまいな情報に振り回されないこと

インターネットで簡単にいろいろなことが調べられるようになりました。
妊活の情報も調べればすぐに大量にでてきます。

○○体操は効果がある
とか
△△サプリを飲むといい
とか

でもネット上の情報の真偽はわかりません。
確かに優良な情報なこともありますが、中には特に根拠のないようなものもあります。
「妊娠」と言うのは確実な方法がないので自分達がどういう状態なのかがわかってないと余計な情報に惑わされやすくなります。
買う必要のないサプリを買ってしまったりね。

なので先生に相談するのが早いと思います。
「○○ってサプリが効くらしいんですが、今の私たちに必要でしょうか」と聞いてしまえば悩む必要もなくなりますよ。
めんどくさいと思うかもしれませんが自分達の状況をちゃんと理解してから行動したが有益な結果につながりやすくなると思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
これから妊活を始める際のちょっとでも参考になれば幸いです。

妊活で奥さんの精神面をサポートできるのは一緒に頑張る旦那さんにしかできません。
少し大げさかもしれませんが、旦那さんの協力なくして妊活はうまくいかない!とも言えるかも。
なので最後にもう一度だけ旦那さんに一番意識してもらいたいことを書きます。

イライラしないこと!

以上です。

この記事も読まれてます

妊活の強い味方!不妊治療助成金は必ず受け取ろう

スポンサーリンク


2017-04-12 はじめての妊活。産婦人科に行く前に旦那さんが知っておくべきこと はコメントを受け付けていません。 男性の妊活