妊活の強い味方!不妊治療助成金は必ず受け取ろう

不妊治療は身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。
さらに費用が高額になることも多いです。
体外受精を1回行うと場合によっては50万円ぐらいかかることもあります。
「そんな余裕ないから無理だな」と諦めモードにもなってしまいそうですね。

でも、不妊治療には負担を軽減してくれる制度が県や市にあるんです。
それが「特定不妊治療費助成事業」。
これは体外受精などの特定の不妊治療に関しては県や市が一部の治療費を助成してくれるというものです。

絶対に利用した方が良いですよ。
千葉県の特定不妊治療費助成事業についてまとめました。

スポンサーリンク

特定不妊治療事業ってどんなもの?

特定不妊治療助成事業は不妊治療の「体外受精」、「顕微授精」にかかわる費用の一部を助成してくれる制度です。
「体外受精」、「顕微授精」は医療保険が適用されないため医療費が高額になります。
実費だけで負担となると経済的な負担が重いので、それを軽減させて妊活を頑張ってもらおうという制度ですね。

対象となる治療は?
  • 体外受精(にかかわる治療)
  • 顕微授精(にかかわる治療)
  • 男性不妊治療(にかかわる治療)

が助成の対象となる治療です。人工授精は対象とならないので注意してください。

助成金をもらうにも条件がある
  • 婚姻している夫婦である
  • 不妊治療の申請を行う県内に住所がある
  • 妻の年齢が43歳未満である
  • 医師に不妊治療が必要であると診断された
  • 夫婦の前年(1月から5月の申請にあっては前々年)の合計所得が730万円未満である
  • 年度内(4月1日から3月31日まで)に指定医療機関において特定不妊治療を受けたこと

上記条件を満たしていれば助成対象となります。
要注意なのは夫婦の合計所得で制限があることです。
夫婦合計で所得が730万円を超えてるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

いくらもらえるの?

治療内容によって助成金は30万/15万/7万5千円の3パターンがあり、申請は6回までできます。

◆15万円(初回申請時のみ30万円)となる場合
A)採卵→受精→胚移植
B)採卵→受精→凍結
C)採卵→治療終了
D)採卵→受精できず

◆7万5千円となる場合
E)以前に凍結した胚を解凍して胚移植する場合
F)採卵したが卵の状態が良くないため中止した場合

※用語
採卵:母体から卵子を取り出す作業
凍結:受精卵を凍結させて長期保存する
胚移植:受精卵を子宮内に戻すこと

通常、1回の採卵で複数個のたまごちゃんが採れるので、使用しなかったたまごちゃん(成長した受精卵のみ)は凍結保存されて次回以降に身体に戻すことになります。
比較的多いと思われるパターンは

1回目:Aパターン(採卵→受精→胚移植)
2回目:Eパターン(以前に凍結した胚を解凍して胚移植する場合)
3回目~:Eパターン ※受精卵が無くなるまで

となると思います。

例えば
1回の採卵で採れたたまごちゃん:10個
そのうち受精できたたまごちゃん:6個
受精後5日間成長できたたまごちゃん:3個
だった場合、
体に戻すことができるたまごは最後まで成長した「3個」となります。

1度に1個づつたまごを母体に戻した場合、3回体外受精を行うことができるので
助成金は15(初回30)+7.5+7.5=30万円(45万円)の助成金を受け取ることができます。(申請は3回必要です)

実際の申請の流れ

不妊治療(体外受精、顕微授精)を行う

医師に妊娠判定をしてもらう

治療を受けた医療機関に特定不妊治療受診等証明書を書いてもらう
※記入用の書類は自分で準備→ココから印刷できます。

証明書を受け取る(2週間程度かかる)

申請に必要な書類を保健センターに提出

審査が完了すると通知が来て指定の口座に振り込まれます(書類提出から審査完了まで1~2カ月程度かかる))

※市によっては更に助成金の申請ができることもあります。
その場合、申請時に提出した特定不妊治療受診等証明書のコピーが必要になります。
かならずコピーを取っておいてください。

結局実際の費用負担はどのぐらいなの?

治療の必要度合いによっても変わりますので目安となりますが、まとめました。

Aパターン:採卵→受精→胚移植

トータルで40~50万円掛かります。
助成金(初回30万円/2回目以降15万円)分を減算すると10~20万円(2回目以降は25~35万円)となります。

Bパターン:採卵→受精→凍結

トータルで25~35万円掛かります。
助成金(初回30万円/2回目以降15万円)分を減算すると5~15万円(2回目以降は20~30万円)となります。

Cパターン:採卵→治療終了

トータルで25~35万円掛かります。
助成金(初回30万円/2回目以降15万円)分を減算すると5~15万円(2回目以降は20~30万円)となります。

Dパターン:採卵→受精できず

トータルで25~35万円掛かります。
助成金(初回30万円/2回目以降15万円)分を減算すると5~15万円(2回目以降は20~30万円)となります。

Eパターン:以前に凍結した胚を解凍して胚移植する場合

トータルで15~20万円掛かります。
助成金分を減算すると7.5~12.5万円となります。

Fパターン:採卵したが卵の状態が良くないため中止した場合

トータルで25~35万円掛かります。
助成金分を減算すると17.5~27.5万円となります。

各工程の費用目安

・採卵で20万円程度
・胚移植で5万円程度
・採卵までの準備(お薬や注射)で5万円程度
・顕微受精すると+5万円程度
・受精卵の凍結保存:1万円程度
・卵子の数が5個以上取れると:+5万円程度
※医療機関によっても料金体系は変わりますのであくまで目安です。

不妊治療は医療保険適応されるの?

不妊治療は医療保険の対象にはなりません。
が、治療途中で手術を行っていたり、入院している場合などは適応される可能性があります。

加入している医療保険のサポートセンターに聞いてみることをオススメします。
予想外に保険適応されて失費を抑えれられることもありますよ。

終わりに

県や市によっても実施状況は異なるので事前にお住いの地域の不妊治療事業を確認しておくと安心です。
また医療機関によっても特定不妊治療助成の対象とならないこともあるので注意が必要ですよ。

体外受精や顕微授精は高額な医療費がかかりますが、忘れがちなのが日々の通院費。
検査や母体の調子を整えるお薬や注射などがお高く、1回の通院で1万円程度かかる場合もありますし、頻度もあがります。
ちりも積もれば山となるので不妊治療に使う予算はご夫婦でよく話し合っておいた方良いと思いますよ。

※この記事は千葉県の特定不妊治療助成事業と不妊治療を行った病院での経験を元に記事を書いています。
各県や自治体や病院によって費用は制度詳細は異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事も読まれてます

意識しておく男の妊活ポイントは!?
妻が妊娠!夫は不安でいっぱい。解消するには!?